ホーム製品情報 > 製品別 > 触媒製品 > 触媒製品 製品詳細

製品別

触媒製品

オゾン分解触媒・脱臭触媒

オゾン分解触媒は、事務機器のコロナ放電により発生するオゾン処理、オゾンを利用した脱臭の排オゾン処理に使われます。堺化学の触媒は、耐久性、分解率の性能は勿論、様々な形状にも対応可能です。
活性炭を触媒に変更することでランニングコストの低減、他のオゾン分解触媒からの変更により触媒量の低減を図ることが可能であり、優れたコストパフォーマンスを実現できます。また、低温酸化性能を活かした脱臭用途にも使われるグレードもあります。

光触媒

  • 堺化学のオゾン分解触媒は主に以下のような用途で使用されています。
  • ○事務機器のコロナ放電により発生するオゾン除去     オゾンクリーン
  • ○オゾンを利用した脱臭における排オゾン処理および脱臭
  • ○オゾンを利用しない脱臭
  • オゾン除去における触媒使用、活性炭から触媒に切り替えることで、以下のようなメリットが見込まれます。
  • ・触媒作用による長寿命化が可能になります。
  • ・高濃度オゾンにおいては反応熱によるフィルター部分の燃焼の危険が無くなります。

オゾン分解触媒反応機構(概念図)

オゾン分解触媒反応機構(概念図)

オゾンによる脱臭フロー例(概念図)

オゾンによる脱臭フロー例(概念図)

オゾンクリーン

堺化学の事務機器用オゾン分解触媒は、お客様のご要望に合わせて多様なグレードをして準備おり、次の様な特徴を有しております。

  • ・高い空間速度、ガス流量の厳しい条件下で、高いオゾン分解率を示します。
  • ・耐久性に優れ、長期間使用できます。
  • ・ガス流れによる圧力損失を低く抑えています。
  • ・空気中に存在する有機化合物をオゾン酸化するため悪臭を放つことはありません。
  • ・すべてのグレードで、難燃性規格、UL94V-0を取得しています。

グレード名とその構成

基本構成:[ハニカムのタイプ]-[グレード NO.]/[セル数又はその呼称]
       (例)SCA-713/750

ハニカムタイプの分類と特徴

ハニカムタイプ セル数/cpsi 特徴および用途
SCC コルゲート状ハニカム
コルゲート状ハニカム
80
130
200
300
400
600
800
紙状に構成した基材材料を用い、材料によりコート型とソリッド型に分けることが出来る。高セル数のハニカムについても薄い紙厚の材料を開発・常備しており、紙状であっても低圧損なハニカムで触媒化が可能。
SCA アルミハニカム
アルミハニカム
350
500
750
950
通常はアルミ箔からエキスパンド加工により六角形セルを形成し、軽く、壁厚が小さい為、セル数が多くても圧力損失を低く保てるタイプ。又、耐湿度性も高い。

ペレットタイプの分類と特徴

ペレットタイプ 径/mm 特徴および用途
SCP ヌードル状 3
5
オゾン分解触媒をヌードル状に押出し成型したもので、高濃度のオゾン除去に適している。

製品グレードと特徴

グレードNO. ハニカムタイプ 特徴および用途
713 SCA 中・高速機用/コート型。高オゾン除去性能タイプ。
513 SCC 中・高速機用/コート型。713の汎用タイプ。
321 SCC 長期間・高耐久用/コルゲート加工の材料に触媒と臭気成分吸着剤を含有させたソリッド型。低級脂肪酸等悪臭除去の高い実績がある。
131 SCA,SCC 長期間・高耐久用,脱臭用/コート型。アンモニア等悪臭除去の高い実績がある。オゾン分解性能も高い。
723 SCA,SCC 中速機用VOC対策品/コート型。オゾン分解能を713レベルに維持しつつ、VOC除去能を高めたタイプ。
415 SCA,SCC メルカプタンや硫化水素などのS系化合物や、アンモニアやアミン系などのN系化合物の脱臭に優れた能力を有する。
その他お客様の御要望により、アルデヒドなどの脱臭に優れたグレードも対応可能です。

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

○ 触媒事業部
  Tel:(東京)03-5823-3724 Tel:(大阪)072-223-4155

ページTOP