ホームグループ概要 > グループ会社 > (株)片山製薬所

グループ会社

株式会社片山製薬所 Webサイトへ

最先端の合成技術力と設備で
医薬品原薬・中間体の開発・製造を支えます。

プロフィール
  • 創業時から培った有機合成技術をいかした医薬品原薬・中間体の開発・受託製造、化粧品原料や精密有機合成品の製造会社。
  • 1922年に大阪市で有機・無機試薬の合成事業をスタートし、1953年に開始した写真印画紙用薬品の合成事業を経て、1980年に医薬品関連ファインケミカル事業に進出しました。
  • 2004年と2008年にFDA査察、2007年のEMA査察、2011年と2012年にPMDA査察を受け、日欧米のGMP査察に対応できる高度な品質保証体制を構築しています。
特長
  • 開発初期の少量生産から大量の商用生産まで可能な生産体制と幅広い有機合成反応の経験を持つ研究開発体制が、お客様からのご要望にタイムリーに応えます。
  • 接触還元やボラン還元などの各種還元反応に関して豊富な経験があります。また、電解酸化反応、低温反応(-80℃)、高温反応(300℃)などの特殊な条件での反応も可能です。

代表的な所有設備

反応設備
  • GL、SUS製反応缶30L~8,000L
  • オートクレーブ600L~3,000L
  • 低温反応缶1,000L、4,000L
  • 高温反応缶700L、2,000L
乾燥設備
  • 並行流棚段式乾燥機300L~500L
  • 箱形並行流乾燥機600L~1,000L
  • 棚段式減圧乾燥器200L~500L
  • コニカルドライヤー 500L~3,000L
遠心分離機
  • 上排型(SUS、ラバーライニング、テフロンライニング)
  • 底排型(SUS)
粉砕設備

ソフトミル、コーミル、フェザーミルなど

クリーンルーム

清浄度:クラス10万相当

分析装置

400MHz-NMR、HPLC、GC、IR、原子吸光光度計、TG/DTA、微生物試験設備など

その他

濾過機、薄膜蒸留装置、電解酸化設備など

反応設備イメージ

反応設備

分析機器(400MHz-NMR)イメージ

分析機器(400MHz-NMR)

企業データ
所在地 〒573-1132 大阪府枚方市招提田近1-12-3
Tel/Fax Tel. 072-856-5631 Fax. 072-857-3301
代表者 取締役社長 中原 慎治
設立 創業:1922年(大正11年)2月 法人設立:1950年(昭和25年)11月
資本金 3,000万円
株主 堺化学工業株式会社
従業員数 125名(2017年3月31日現在)
ビジネス 医薬品原薬、原薬中間体、アミノ酸誘導体、化粧品用添加剤の開発・製造
公式HP http://www.katayama-finechem.co.jp/

ページTOP